-Coffee Break-
ご意見・ご感想は<こちら>へメールでお願いします。

ポルトガル旅行  2017/04/11(Tue)16:37:04
1544.jpg 夜はポルトガルでの目的の一つ、ファドレストランに。
ファド(ファド(ポルトガル語: fado は、ポルトガルに生まれた民族歌謡。 ファドとは運命、または宿命を意味し、このような意味の言葉で自分たちの民族歌謡を表すのは珍しい。 1820年代に生まれ、19世紀中ごろにリスボンのマリア・セヴェーラの歌によって現在の地位を得た。)と、あります。日本の演歌のようなものかな?
生で聞いて感激しましたよ。ポルトガル、素敵な国でした。

ポルトガル旅行  2017/04/11(Tue)16:36:23
1543.jpg こうして頂いたのですが、忘れられないほどおいしかった、ポルトガル料理は日本人に好まれる味ですね。
ポルトガル風ブイヤベース?

ポルトガル旅行  2017/04/11(Tue)16:35:41
1542.jpg 目的のレストラン”O MARTIN"到着、お料理(カタプラーナ)を注文。

ポルトガル旅行  2017/04/11(Tue)16:34:57
1541.jpg 雨模様でレストラン街は閑散としていました。

ポルトガル旅行  2017/04/11(Tue)16:33:56
1540.jpg 空はあいにく雨模様、向こうに4月25日橋が見えます。

ポルトガル旅行  2017/04/11(Tue)16:32:56
1539.jpg リスボン最終日はテージョ川の対岸カシーリャスへ行って昼食の予定です。
車なら4月25日橋を渡って行けるのですが(全長2278m、ヨーロッパで一番の長さを誇る吊り橋。上段は車、下段は列車が通る2段式となっており、車窓からの眺めはすばらしい。南端のそばにはクリスト・レイがそびえる。1966年までは、市内とリスボン南部をつなぐ橋はなく、フェリーで往来していたが、当時の独裁者サラザールが4年をかけ建造させた。当初はサラザール橋とよばれたが1974年4月25日、無血革命にちなんで現在の名に改められた。現在、リスボンに入る車のみ料金を徴収される。)

ポルトガル旅行  2017/04/11(Tue)16:28:01
1537.jpg 次はコメルシオ広場。リスボンの海の玄関口であるテージョ川に面した約200m四方の広場。リスボン大震災前にはポルトガル王マヌエル1世(在位1495-1521)の宮殿があったため、テレイロ・ド・パソ(宮殿広場)とも呼ばれる。周辺には多くのカフェやレストランがある。ここまで見た感じとしては、スゲーお金かけてるなポルトガル!って感じ。但し、大航海時代のその当時ね。
なんか、今はお金使い果たしちゃったよ感が漂う。でも素朴感があって私は好感が持てる国。
日本との関係も昔からあって、旅行に行くならおススメですね。

ポルトガル旅行  2017/04/11(Tue)16:26:29
1536.jpg 続いてちょっと先にあるベレンの塔。ベレンの塔はリスボンのベレン地区にある塔で、「リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔」の構成資産として世界遺産リストに登録されている。16世紀にマヌエル1世によってヴァスコ・ダ・ガマの世界一周の偉業を記念して作られたテージョ川の船の出入りを監視する目的の要塞である。建築様式はマヌエル様式である。(ウィキペディアより引用)

ポルトガル旅行  2017/04/11(Tue)16:24:14
1535.jpg もちろんいただきました、とろっとして、ほんとおいしい!

ポルトガル旅行  2017/04/11(Tue)16:23:36
1534.jpg 近くのエッグタルト屋さんが超有名、外には長蛇の列ですがこれは持ち帰りのお客様、ここで食べる方は中に入ってすぐ頂けます。


Admin CGI WEB